トップ  > ブログ  > お二人で来られる

お二人で来られる

         お二人で来られる

 奥さんの=頭痛持ち=を何とかよくしてあげたいと「とにかく一度和白に行ってみたら」と提案されて、機が熟してこられ始めたら、一回ごとに元気になられています。奥さんの仕事は、毎日重くなる頭を自分で叩いて何とかされていたようです。

 奥さんの聞く耳のスイッチが入ってからは、毎日家族のために何かをしてくれるようになったようです。前回来られた時に寝室の環境を<波動診断>で診たら、改善の余地ありとなりましたました。

 そのために先ずは=良き塩=で部屋の拭き掃除をしてください、ベットの位置を北枕になるように置き換えして、夫婦の位置取りとして右に旦那さん、左に奥さんが寝るようにしてくださいと提案しました。それをされた報告を今回聞きました。

 夫婦で久しぶりの共同作業をすることができ、それが終わった時に二人で「この部屋がこんなに広く感じ、気持ち良くなったとはなんと不思議なことですね」と感動されたようです。
「気の通りの悪い中で過していたら、どこか体に変調が起きても不思議ではなかった。こうした改善の良き機会を作れて良かったね」という話になったようです。

 この作業をお二人が力を合わしてしたことで=夫婦のきずなの深さ=を改めに知ることができたことに感動されていました。そうした一連の=地場改善=を通して、頭がスッキリしてきていることに感動されていました。

 あれほど頭たたきをしていたのが、それをしないで、気持ちよく毎日過ごせるようになり、家族のために何かをさせていただきたいという思いが強くなられたようです。その姿を見られたご主人が「優しい表情になり、久しぶりに抱擁したくなったと確り抱いていただいた時に感涙が出ました」と前回聞きましたが、今回も夫婦の共同作業ができたことを喜ばれていました。

 感謝されることで、何かが動き始めたことを夫婦で感じられているようです。その流れで今回は何となく元気のないご主人に声をかけて一緒に来られたようでした。
「私よりもあなたが先にしてもらってください、私はあなたが済んでからしていただきます」という優しい奥さんの姿を拝見できました。

 良き流れのできてきたお二人の応援ができる私は、なんと幸せかと思いました。こうした環境を作ってくれている5人の子供たちに、私自身が感謝し「ありがとう」という日々が続いています。

皇法健康所

〒 811-0202

福岡県福岡市東区和白5-15-15

TEL:092-607-4710