トップ  > ブログ  > 左手か上がりませんので

左手か上がりませんので

        左手が上がりませんので

 妻が亡くなった時は直ぐにお参り来てくださった方が、それ以後「お元気ですか・・」と電話をしたいが、私の落ち込んだ声を聞くのがつらいので、和白で一人で仕事していた時に予約なしで来られて私の声を聞いて「安心しました。元気で仕事をされとている姿・声を聞いて私自身がほっとしました」といわれて仏壇でお参りしてくださいました。

「使っているリペアクリームがなくなりましたので、買いに行きたいのですが」と問い合わせがあったので「宗像なら平日ならいますので」と伝えたらこられました。福岡市からなのでかなり遠くなりましたが、行けば何とかしてもらえると気持ちを切り変えてこられたようです。

 それなりに整体を勉強し、自分でも施術してあげてる方ですが、自分の体の痛みは習得している知恵で何とかしていましたが、それに使うクリームが切れたのでということもあったようです。

 久しぶりですし<波動診断>で診ていくと、背面の肩・腰の手当てをお願いしますということになりました。顔の表情がお疲れ気味ですし=ミニ整顔=から入り、施術が進むごとにすっきりした表情になってくることを喜ばれていました。

 左手が上げ辛いということでしたから<皇希水・リペアクリーム>を二の腕に押し入れていきましたが、仕事場の環境のために致し方ないことですが、火性の心臓・小腸の筋肉がカチカチになっていました。少し時間をかけて解したら、解れてきて手が上がるようになりました。

 それから通常の施術に移り、解しのポイントのふくらはぎに<解しのアイテム>を押し入れたら、足も軽くなり肩も解れました。背面に置鍼をして気になる左右の肩一点づつから<瀉血>をしました。久しぶりにトータル施術を受けて、熟睡されていたのか敷紙が濡れていました。

 終わられて「和白からは随分遠くになりましたが、来た分だけトータルに調整していただきました。先ほどまでは着替えるのに左手が痛かったのに、その痛みを全く感じず気持ち良くできました。自力の手当てはそれなりにしていますが、できないところを他力でしてもらうとこれほどスッキリする感覚を体験できました」といわれました。

 

 

 

皇法健康所

〒 811-0202

福岡県福岡市東区和白5-15-15

TEL:092-607-4710