トップ  > ブログ  > 朝の散歩の友達に話しました

朝の散歩の友達に話しました

         朝の散歩の友達に話しました

 腰が痛いということで先日来られた方が、その後の様子を朝の散歩している友達にいろいろと話したら「そんなことがあるの」となかなか信じてもらえなかったそうです。
「それならばとにかく一度行ったら判るから、予約しておきますよ」ということで来られました。

 来られた時に先ず言われたことは、ご主人が亡くなった後に家業の鉄関係の仕事を継いで、毎日しているうちに大腸の調子がおかしくなって=横行結腸の手術=をしました。それから重心が右に傾き出して、次第に腰に痛みが出てきたようです。

 何となく腰が曲がってきだし、病院で「腰が曲がったのか痛いです」といっても「もう年だし、手術後の後遺症もあるだろうし、上手に付き合っていかねばしょうがないよ」といって相手にしてくれないようです。そうした話を毎日聞いていたがどうしてあげることもできず「散歩してそれ以上悪くならないようにしよう」ということで毎朝散歩を続けていたようです。

 そうした中で自分があれほどつらかった腰の痛みが、それほど感じなくなり、この前施術を受けたときに「次回はと聞いたら、からだが次第に軽くなるでしょうから、その報告かねて来られたらいいですよといわれたのよ」と話し「とにかく一度行ってみよう、一緒にいくから」と予約されたそうです。

 最初ですし<波動診断>で診ていくと=当にそこです=という腰の所で指が反応しました。それをふまえて=ミニ整顔=で疲れた顔をリフレッシュしていくと、友達も本人も驚くすっきりした顔になりました。それを踏まえて<皇希水・リペアクリーム>をふくらはぎに押し入れていくと、肩のコリが取れ足が楽になったことを体感されました。

 それから施術に入り、基本の=尻押し=をしたら肩のコリも取れました。伏せた状態で置鍼をして痛がっている腰の所に多めに刺して、遠赤ドームで体を温めて、それを取り除くとぐっすり熟睡されていました。仕上げの時に気になる背骨を中心にした左右二カ所から<瀉血>をし=不思議シート=を貼り、足の調整器具に入って全てが終わりました。

 感想は「体が軽くなりました。背が伸びた感じです」といわれ、友達と脊比べしていましたが「さっきまでは目線がうわべ使いでしたが、今は一緒になりました。こんな感じになって本当に嬉しいです」といわれ「次回は」といわれたので<波動診断>で診ていくと「五月いっぱい10日に一回ほど手入れをしてください」ということになりました。

 

 

 

 

 

  

皇法健康所

〒 811-0202

福岡県福岡市東区和白5-15-15

TEL:092-607-4710